ガス自由化についての疑問にお答えします

2017年の4月からガスの自由化がスタートしました。電気と同じようにガスも自分の好きな企業を選んで契約することができるようになったのです。ガスに先立ってスタートした電気の自由化についての認知度はかなり上がっていましたが、実際に切り替えしたという割合は期待されていたほど進んでいない現状があります。これは、切り替えによるメリットが明確に感じられない事や、手続きが面倒だと感じていること、今のままでもいいと考えていることが要因です。ガスの場合、自由化の認知度が電力の時ほど上がっていない状況があります。内閣府の調査によると、自由化されることは知っていても時期を知らなかったひとは40%、ガス自由化そのものについても知らない人も30%を超え、時期まで知っていた人は27%程度にとどまっている状態です。

ガス自由化のもたらすメリットとは

ガスは大きく都市ガスとプロパンガスに分けられますが、都市ガスの普及率は2013年の資源エネルギーのデータでは53%に留まっています。都市ガスは公共料金ですがプロパンガスは自由料金であり、アパートなどでは大家さんがプロパンガス会社に優遇してもらえるというメリットもあって、都市ガスはなかなか普及しないという問題もあります。しかしプロパンガスは災害時の復旧に強いと言う特徴もあります。今回自由化が行われるのは都市ガスなのでプロパンガスを使っている場合、自由化の恩恵を受けられません。これまで都市ガスは地域で独占状態だったため、自由化によって競争原理が働き、サービス向上や価格低下などが期待できます。またガス管も整備が進むことも期待されており、これまでガス管が来ていないことでプロパンガスを使っていたという地域でも都市ガスが使えるようになる可能性があります。

ガス自由化にデメリットはあるのか

今回自由化されるのは都市ガスであることから、プロパンガスを使っている人には恩恵がないと言う問題があります。海外ではガスが自由化されたことでガス企業の淘汰が進み、大手に一極集中するという問題が発生しました。日本でも都市ガスの原料であるLNG(液化天然ガス)は、大手電力会社の輸入が桁違いに多いという現状があり、こうした大企業がガスを安く提供することで海外と同じ状況が生まれる危険性もあります。しかしガス自由化によってガス網の整備が進みサービスの向上が期待できる点はメリットです。電力と同様、ガスの自由化の手続きも非常に簡単です。好きなガス会社に申し込みをするだけでよく、前の企業に対し何ら手続きをする必要はありません。申請後、切り替え日についての連絡が来て、自動的に切り替えられて完了します。価格低下やサービス向上を図るためには、消費者が関心を持って賢く選ぶことこそが大事です。

京葉ガスショールームの営業はAM10:00からPM18:00まで エネルギーのスペシャリストが安定したガスをお届けします! 京葉ガスはお客様に安心感をお約束致します。一目でわかる料金案内やお客様サポートで安心と安全を 京葉ガスの事がよくわかる!京葉ガス展!キッズコーナーやお菓子ゲット大会といったお子様にも楽しめるコーナー(土日祝限定)がございます!ガス自由化で上手に生活していきましょう