みんなはどうしてる?ガス自由化

2016年4月から電気の一般世帯への小売り自由化が実施され、大きな話題を呼びました。そして、2017年4月からは都市ガスの一般世帯への小売り自由化が実施されました。これらは、それまでは電気も都市ガスもその住んでいる地域の電力会社やガス会社からしか購入することはできず、消費者側が企業を選ぶことはできませんでした。しかし、小売り自由化が成されることによって、消費者が既存の電気・ガス会社や新規参入した企業の中から購入先を選ぶことができるようになりました。では、ガス自由化によって私たち一般消費者が実際のガス購入先を選べるようになるとどのようなメリットを受けることができるのでしょうか。また、一方でデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

メリットは価格が安くなる可能性が高いこと

まず、ガス自由化によるメリットですが、最も期待できるのは料金を節約できる可能性があるという点です。新規参入している企業には電力会社もありますが、電気・ガスを同時に契約することでセット割を受けられたり、ガス単独の企業でも料金設定が割安になっていることがあり、料金の多様化が期待できます。また、ガスには都市ガスとLPガス(プロパンガス)がありますが、今回ガス自由化が適用されるのは都市ガスです。LPガスについては地域のガス会社の専売ということはありませんが、地域により企業が固定されている傾向が強く、料金設定などは競争が起きていないのが現実です。しかし、都市ガスが自由化されることで、同時にLPガスでも価格の透明性が高まり消費者が業者を選びやすい状況が作られることが期待されています。

デメリットは地域が限定されてしまう懸念があること

では、デメリットはあるのかというと、まず言えるのは電力自由化に比べると新規参入する企業が多くないことです。都市ガスの自由化の場合は既に埋められているガス管を通じて新規業者がガスを供給することになりますが、特に地域によってはあまり新規参入企業が現れない地方もあります。そのため、せっかくの自由化でも都市ガスの普及割合が高い都市部以外の地域ではあまりその恩恵にあずかることができないことが懸念されます。また、新規企業が多い地域では、料金体系やプランが多様化して選択肢が増える分、しっかりと調査しないとこれまでよりも料金がアップしてしまうリスクもあるため、自己責任でしっかりと内容を把握しておく必要があり、それを調べる作業が人によっては手間に感じるかもしれない、それがデメリットです。