メリットがたくさんあるガス自由化

電力自由化に続き、ガス自由化が始まりました。地域の電力会社がガス事業に参入しているのをテレビCМなどで知った方も多いでしょう。ガス会社の変更を進めるお知らせが届くことも頻繁にありますが、そもそも自由化のメリットとは何なのでしょうか?利用者一人一人に関係することから、社会インフラとしての機能の向上の二つの要素があります。現状、LPガスを使用している方にも、将来的に関係してくるかもしれません。ガス会社を変える方が良いケースが多いですが、料金があまり変わらない場合もありますので、家庭の使用量に合った料金プランを選択することが重要です。まだ始まったばかりではありますが、既に多くの世帯で地域のガス会社から契約を変更しており、メリットを享受している方がいらっしゃいます。

個人のメリットは何と言っても安くなること

ガス自由化の目的には、これまで地域のガス会社が独占していたガス事業を一般に開放することで、価格競争を生み、使用料の高騰を抑えることがあります。電力自由化と同じ目的と言えますね。個人にとっては、ガス料金が安くなるのが最大のメリットです。既存のガス会社では料金プランの自由度が低かったですが、少量の使用でお得になるなど、より個人の使用に合ったプランが用意されています。参入する会社が行っている他のサービスや商品を利用している方は、セット割が適用されるケースが多く、よりお得になります。料金以外の面では、例えば電力会社が供給するガスを使用すると、明細が一つにまとまるメリットがあります。特に振り込み用紙を使って料金を支払っている人は手間が少なくなります。請求が同一日になるのも嬉しいことです。

ガスのインフラとしての機能が向上します

ガス自由化が始まることで、これまでには無かった業者間の競争が始まります。それは新規の都市ガス利用者を増やす動きにも繋がり、新規のガス管の敷設や既存管との相互接続が活発になるでしょう。ガス管が増えることで災害時にもダメージが軽減され、供給の安定化に繋がります。LPガスについては、これまではガス管が通っていないことで都市ガスを使用できなかった場所でも使用できることになり、都市ガスへの移行が進むことが考えられます。また、個々の業者で異なっていた料金についても、よりシンプルな料金体系が作られるでしょう。ガス自由化により他業種の会社がガス事業を行うことで、これまでに無かったサービスが始まる可能性があり、利便性の向上とともにガス事業全体のさらなる発展が期待されます。