積極的に検討しようガス自由化について

ガス自由化によってガス会社を選ぶことができるということが始まりました。これによって料金がやすいところを探すことも出来ますし、サービスの質がいいところを探すことも出来ることにもなりました。ガス会社を選択することが出来るということは、利用者にとっては大きなメリットがあることになります。特に選択をするということで、ガス会社を監視することが出来るということが大きなメリットとなります。逆に選択をしないとなると、これまでのガス会社が好きにサービスを決めてしまうことになりますので、ほとんど独占状態になってしまいます。独占状態になると競争原理が働かないのでなかなか価格が安くならなかったり、質が良くなるなどのことにつながりませんから、出来るだけ選択をする方がいいのです。

選択をすることはガス会社を監視することになる

ガス会社を選択するということは、単に好きなところを選んだというだけではなく、ガス会社にとっては、これが監視の意味を持つことになります。何故かというとサービスの質を落としたり、値上げをするようなことをすれば、契約を打ち切られてしまうという脅威が出てくることになるからです。これによって競争原理が働くようになり、他社に負けないサービスを提供するようになるというわけです。お互いがお互いを監視するようなことになるわけです。これがガス自由化の目的の一つといってもいいでしょう。ガスという人の暮らしに欠かすことができないものが、適正な競争原理によって高い質のサービスになるのは、だれもが歓迎するところですから、この選択するという行為には大きな意味があることになります。

積極的に内容を吟味するほど意味を持つことになる

せっかく選択をするのですから、積極的に内容を吟味すべきです。吟味すればするほどその選択には価値があるものとなるからです。これは単に自分がメリットを享受するというだけではなく、多くの人がしっかりとした吟味の結果選択をするようになると、よりいいサービスをしている企業が生き残りやすくなるということになります。これによって高い質のサービスが残っていくということにつながっていきます。ガスは多くの人が使用する生活に欠かすことの出来ないものですから、出来るだけ質の高いサービスが残るようにする必要があることは言うまでもありません。これまでの選択できないことの方が異常だったわけで、選択できる権利を持ったわけですから、この権利をしっかりと活かすようにすることが大切です。それがガス自由化の意義でもあります。